前処理の基本工程 | リトル・サイエンティスト

① プレシャンプー

しっかりタオルドライをして余分な水分量を減らし、前処理剤を過剰に薄めることのないように注意し、効果的に作用させましょう。

② 3種混合原液(1):ワクワクneoミスト(4)

ダメージが気になる箇所に適量を塗布し、コーミングします。圧縮蒸気で3分前後加温(遠赤ラップ加温5分前後)すると、さらに浸透定着力がアップします。

ダメージが少ない髪には、ワクワクneoミスト単品でも構いません!

③ 特トリ

毛先の損傷が強い場合に限り、その箇所に少量だけよく揉み込んで馴染ませます。

各施術の本工程スタート

【基本使用薬剤】

役割 髪を疎水にする 特徴 3種類の異なった起源および低・中・高分子量のダメージ補修PPTをバランスよく配合したトリートメントです。 ...
役割 通り路を造る 特徴 疎水グラフトPPTを最大限いかすサポートアイテムです。CMC成分が傷んだ髪の内部にすーっと浸透して、水分・油...
役割 CMCによる接着 特徴 髪のダメージ部分を補修するオイルエマルジョンです。 こだわりの成分 ブドウ種子油、シア脂、マカデミア...
スポンサーリンク