髪に優しいふんわりカール! ソニルCAを使ったクリープパーマ

微粘性ローション特有の優しい風合いが魅力のリトル・サイエンティスト「ソニルCA-S」を使用したクリープパーマの基本施術例を紹介します。

プレ軟化に効果的なシステアミン配合で、薬剤が浸透しにくい疎水部を中心に作用します。ローダメージ~ミドルダメージの髪が対象です。

1, 前処理

3種混合neoミスト5倍 (3種1:neoミスト4)

【損傷部の補修・保護】

ナノ化CMCで薬剤が通る路を整えながら、疎水性ケラチンPPTでダメージを補修。毛先のダメージ箇所には「特トリ」を少量だけ重ねて塗布します。このひと手間が仕上がりのクオリティを高めます。

特トリはつけ過ぎ注意!本当に少しで大丈夫です。

2, 1液塗布

ソニルCA-S

微粘性なので、ワインディングの前に薬剤を塗布します。カールをつけたい範囲で構いません。

エイジング毛やダメージが気になる髪には「リノベーターローション」を10〜20%添加すると、ケラチンをしっかり内部に残し、リッジを高めます。

3, ワインディング

巻き終わるまでにかかった時間にもよりますが、自然放置で5分前後を目安にします。

4, テストカール

テストカールがポイント!

通常のコールドパーマでのテストと比較して「7〜8割軟化」でOKです。還元剤のパワーに頼らなくても、クリープ期を利用して髪の負担を最小限に抑えつつ弾力のあるカールが作れます。

5, 中間水洗

ぬるめのお湯でしっかり1液を洗い流します。

6, 中間処理(A)

いきいきneoミスト5倍 (いきいき1:neoミスト4)

【CMC、PPT補給】

ロッドの裏表に少量を丁寧に塗布。ナノ化CMCを補給することで、クリープ期におけるコルテックスの移動をスムーズにし、疎水型PPTで水気の影響をうけにくくしてカールを安定させます。

7, クリープタイム

湿熱加温10〜15分

38〜40℃の低温で蒸すことで、CMCを少しゆるめてコルテックスの移動を促進させます。放置時間は、かかりやすい髪なら10分、かかりにくい髪なら15分が目安です。

8, 中間処理(B)

キトキト10倍 (キト1:水9)

【pH調整】

ロッドの上から適量をまんべんなく塗布。2液が作用しやすいようにpHを調整します。

リッジの出にくい細毛・軟毛には、ポリK10倍をつけてからキトキトをつけると、ポリフェノールによる収れん作用でリッジが出やすくなります。

9, 2液塗布

ソニルBⅡローション

ロッドの上からまんべんなく塗布します。自然放置で、7分+7分の2度付けが基本です。

10, 後処理(ヘアデトックス)

シブミンEX5倍→キトキト10倍→ヘマヘマ10倍(それぞれチェンジリンス)

ロッドアウト後、よく流してから後処理 [ヘアデトックス] を行い、役割を終えた残留薬剤を除去します。

シブミンEX は臭い、キトキトはアルカリ、ヘマヘマは還元剤を除去します。

パーマやカラーで残留するアルカリや過酸化水素から発生する活性酸素は、髪や頭皮を老化させます。 特に皮脂が酸化されてできる過酸化...
天然発酵柿渋と亜鉛が施術後のイヤな残臭を抑え、さらにトリートメントの持続を向上させます。

基本施術例としてご紹介させて頂きましたが、サロン様の優先したい点を考慮したカスタマイズも可能です。ぜひお試し下さい。

スポンサーリンク