カサカサ・バサバサ髪のCMC骨格を整えるリケラエマルジョン

リケラ

CMC骨格を作るワケ

1.AEDSケラチン

CMCはコルテックスとコルテックスの間にあるもの。コルテックスはケラチンでできており、ケラチン骨格が弱ければCMC骨格も弱くなる。だから、まずはケラチン骨格を補修する。

2.液晶コレステロールと5種類のセラミド

CMC骨格のポイントはラメラ構造。このラメラ構造をきれいに配列させるためには液晶コレステロールが重要。初めから液晶構造なので、よりラメラ構造を形成しやすい。 また、コレステロールがラメラ構造接着の役割もするため、CMC骨格をキープする。

 

キープするワケ

1.ポリカチオンだから

AEDSケラチンがポリカチオン(=プラス電荷を多く持っている)だから、髪のダメー ジ部分(=マイナス部分)によく吸着する。

2.液晶・ナノ化だから

コレステロールは液晶化、セラミドはナノ化しているから、ラメラ構造をとりやすい。

3.濃密な油脂だから

天然の濃密なダマスクバラ花ロウ、シアバター、ライスバター、モリンガバターが補修成分を長くとどまらせる。

※AEDSケラチン=アミノエチルジスルフィドケラチン

 

こんな方におススメ

●カラーやパーマによる髪のダメージが大きい人

●硬毛でやわらかい髪にしたい人

●エイジング毛で、さらにダメージした髪

仕上がり

しっとりしなやかで、まとまりのある髪

香り

ネクタリンとベリーの甘酸っぱさと、ハチミツ、ピーチの甘みが溶け合うフルーティーフローラルの香り

効果的な使い方

ホームケアでは…

濡れた髪に少量手に取ってのばし、毛先を中心に広げて、ドライ。つけすぎるとベタつきの原因になるので注意。インバスで使用するときは少し多めにつけるのがポイントです。

サロンケアでは…

●3ステップのシステムトリートメントの2剤として

●仕上げ剤として(ドライ、ブローなどの前に)

●パーマやストレートパーマなどの熱を加える前に

タイトルとURLをコピーしました