紫外線って髪にどんな影響があるの?

紫外線を浴びると

なぜ紫外線を浴びた髪の毛がダメージするのでしょうか?

紫外線は1つのエネルギーで、水分や酸素と反応し活性酸素を発生させ、肌や髪を酸化(老化)させます。

活性酸素には、スクワランやコレステロールと反応して、過酸化脂質という悪玉のオイルを作ります。この悪玉のオイルは肌の細胞を傷つけて炎症を起こします。

髪に対する影響

例えば、タイヤに日光があたっていると、表面がぼろぼろになるのと同じ現象で、紫外線を浴びた髪は、硬化・乾燥し、キューティクルが反り返り、剥がれやすい状態になります。

抑える方法は?

紫外線による活性酸素を抑えるには、酸化させなければいいのですが、酸素を吸って太陽の下で生活を行う限り、活性酸素からは逃れられず、日々髪や肌は酸化しています。

そこで今注目されているのが、酸化を防ぐ物質「抗酸化」と呼ばれる物質です。

アスタキサンチンの抗酸化力

リトル・サイエンティストのアジアンムーンには、アスタキサンチンと呼ばれる抗酸化物質が配合されています。

アスタキサンチンは、活性酸素に対して、もっとも威力を発揮する抗酸化物質になり、紫外線ダメージから髪を守ってくれています。

紫外線によって髪はダメージを受け乾燥し、ザラザラになり、ヘアカラーの色落ちやツヤの低下につながります。Asian Moonは、そんな紫外線から髪を守ることで、切れ毛や枝毛、乾燥を防ぎながら髪にツヤを与えます。
スポンサーリンク