ダメージでマイナスの電荷を帯びた髪を等電点に戻す

ヘアサイエンス

4. 等電点に戻す

前回の記事 3.CMCによる接着

髪内部にCMCとPPTを導入することにより、髪に水分を調節するための土台ができあがります。

次に、髪が疎水であるための条件の一つであった「髪が等電点にある状態」にする必要があります。

ダメージしている髪は、 マイナスの電荷を帯びています。酸リンスを用いれば、それが持つプラスの電荷で打ち消すことができます。

そうすることで髪を±0の状態にし、疎水へ近づけることができます。

 

タイトルとURLをコピーしました