髪の水分調整の仕組み

ヘアサイエンス

CMCは水の路の役割を持っていますが、水を無制限に入れる路ではなく、調節しながら入れる路です。

その機能が壊れてしまうと水や薬液の調節ができず、どんどん内部に浸透させてしまいます。

施術においてCMCを少し壊すことは、デザインを作るという意味では良い結果を出すのですが、壊しすぎは逆にパーマのダレやカラーの色落ちにつながります。

つまり、調節できなくなったCMCは水の入りだけではなく、出してはいけない水も脂も大切な髪の成分も調節できなくなってしまう訳です。

ダメージは内部のタンパク質を壊しながら進行する

タンパク質を壊すという表現はなかなか理解しにくいのですが、簡単にイメージできるように例えると、正常毛はタオルを硬く絞った状態と似ています。

タオルと言えども、硬く絞ったり結んだりしていれば水を吸いにくくなります。

さらにダメージが進むと、アルカリなどで分解してタオルの繊維をバラバラにほぐすのと同じ状態になり、やがて溶けて髪から流出することになります。

ダメージはこのように小さなダメージの蓄積によって呼吸できない髪になることなのです。

タイトルとURLをコピーしました