ダメージの原因「空洞化」

ヘアサイエンス

私たちの髪の毛は、毎日紫外線やドライヤーの熱などの刺激を受けることによって、誰もが少なからずダメージを受けています。加えてカラーやパーマをすると、ダメージはさらに進行します。

むやみにトリートメントを塗布するだけでは、ダメージした髪にトリートメントの効果を最大限、発揮させる事はできません。

髪のダメージの原因と改善方法を構造レベルから再確認していきましょう。

ダメージの原因「空洞化」

髪がダメージを受けると、次のような現象が起こります。

「ツヤがなくなる」

「髪が白っぽく褪せた色に見える」

「髪が乾燥する」

「カラーがくすむ」

「ウェーブがだれる」

「トリートメントがもたない」

これらの問題は、共通して「髪の毛の空洞化」が原因です。空洞化とは、髪の毛の中に無数の穴(=ボイド)が開くことです。

ダメージ毛は健康毛と比べて、髪内部に「大きな空洞」が多く存在しています。

 

ボイドはCMCやタンパク質が流出することによってできます。従って、髪の空洞化を防ぐためには、

①穴を開けないようにする
②開いた穴を埋める

ことが必要になります。

 

冒頭でも述べましたが、日常生活だけでも空洞はできてしまうものです。ゆえに、開いた穴を “なにで” 埋めるかがダメージヘアを甦らせるためのカギとなります。

例えば、アイロン使用時にこんな経験をしたことはありませんか?

「髪が白っぽく褪せた色に見える」

これは、100℃を超えるアイロンの熱により、髪の空洞に残っている水分が水蒸気爆発して起こる現象です。

それと同時に、髪の毛のキューティクルが剥がれ落ちるため、カラーを行うとムラができてしまうのです。

 

この現象を回避するためには、アイロン使用前までに、先述した「開いた空洞を埋める」操作を行う必要があります。具体的には、空洞ができる際に失われたCMCやタンパク質を、外から補えばよいということになります。

タイトルとURLをコピーしました